38階で夕飯食べてきた

暑い。
頭おかしいんじゃないか?って気温が続いていて、思考力とか気力とか人間らしさをごっそり奪い去っていく。そんな7月末に結婚記念日を迎えた。1年が早い。体感的には半年くらい前なんだけど、1年経ってるらしい。
まぁ1年目だし、ちょっと豪勢にいくか!と気合を入れて夜景の見れるレストランに行ってきた。
夜景の見れるレストラン。
思わず2回言ってしまったけど、当然ながら人生初だ。
平日は帰りが遅いから基本的に外食なんだけど、日高屋松屋日高屋松屋のローテーションの僕としては大奮発だ。計算してみたら一ヶ月の平日の食費より今回一回で飛んでったお金の方が大きい。今更ながら、電車の中でマジか!と呟いてしまった。
この記憶が消えないうちに日記にしておこうと思う。


行ってきたのはマンダリンオリエンタルホテル、38階のレストラン。うちの会社の本社でさえ38階も無い。ご飯食べるだけなのに38階。下から見上げるビルはイメージの上では雲がかかり、霞んで見えない。
ちなみにこの日のために服を買った。一昨日、先輩の結婚披露パーティーに行ったのだけれど、その服を着ていっている。ついでに当日は髪も切っている。床屋さんには「失礼のない髪にしてほしい」と頼んだ。


そんな感じなので、当然予約時間の30分前にはホテルについた。この空いた時間で我々はトイレに行く。だって外にいると落ち着かないから。待合室、こんな感じだし。


f:id:nohitakun:20180806201621j:image

で、ドアを開けて出てきたのがこれ。


f:id:nohitakun:20180806201638j:image

もうね、レストランに入る前に景色を見てしまうという失態。でも、このトイレはやり過ぎなんじゃないかとも思う。過剰。全然落ち着かない。小さい用もビビって出てこない。
これで用をたさないと(出すもの出しておかないと)38階で下半身を露出しただけになるとか思うと余計に出ない。目をつぶりここは会社だって思い込むことでようやく用をたせた。
とりあえず妻にこのことを報告しようとしたら、妻もトイレの写真を撮っていた。や、これは撮るよね。


そうこうするうちに、予約の時間になるので受付を済ませ席につく。
すると景色がドン!


f:id:nohitakun:20180806201704j:image

光化学スモッグで煙った光景は海に水没した街のよう。まわりにお客さんがいないこともあって自分たちだけ取り残されたような終末感がある。でも心地よい空調のせいか悲壮感がない。地球最後の日にバカンスする、みたいな感じ。ごめんなさい、あたい上手く言えないや。


少し待つとお店の人がメニューを持ってきてくれる。
生ビール、1500円。僕が大学生のときにバイトしてたサンクスだと2時間働かないと飲めない。たぶんこのビールでタガが外れたと思う。ビールを頼み飲んだ瞬間に「一線超えたな……」って思った。「ぼくはもう戻れないかもしれない……」と。


このあと魚に合わせて白ワインを、肉に合わせて赤ワインをあろうことか2杯飲んでしまった。食事に合わせてワインを変えるとか、しゃらくさい大人になってしまったよ。お母さん。ちなみにお値段は……言わない。てか言えない。

 

そんなワインをあわせた料理がこちら。


f:id:nohitakun:20180806202038j:image

語彙が貧弱で申し訳ないんだけど、ヤヴァい。食べると脳内で「……美味い!!」って書かれたネオンがチカチカ光る。何って言うの?幸福を感じるホルモンみたいなのが梨汁的にブシャーって出る。これはもう一生食べれないかもしれないとすごいゆっくり食べた。たぶん妻より食べるのが遅かったと思う。シェフを呼ぶ人の気持ちが分かった。


帰りがけにスタッフの方に「こういったお店、初めてなんですが素晴らしいですね。夢のようでした」って絡みにくい言ったら「我々は非日常を提供してますので、また夢を見たくなりましたら是非お越しください」って言われた。かっこいいわー。仕事であります?「非日常を提供してます」とか言うこと。ディズニーくらいしかないと思ったらこんなとこにもあるのですね。
また夢見たいけど何年後になるかしら……。

お義父さんお義母さんと行く淡路島旅行

先週、妻と妻のお義父さん、お義母さんと淡路島に行ってきた。
義父母とのはじめての旅行。学生時代の中間テストくらいの緊張感、別に大したことではないけど、ここで失敗すると後々に響くぞ、というイベント。
特に僕は前回、妻の実家に帰省した際、お義父さんが運転する車に酔ってドライブ中に吐いた実績がある。「す、す、すいません!」と車を止めてもらって、道でゲー。あとは車の中でずっと寝てた。僕がお義父さんお義母さんなら「こいつに娘を預けて大丈夫か?」と不安になる。今回は失敗できない。


そんな旅だったけどお義父さん、お義母さんは優しく出迎えてくれた。「これ、のひ太くんに似合うと思って」と服までプレゼントしてもらった。マジか。優しさになれてないから「えへへ、どうも」みたいな社会人として、どうかというお礼しかできなかった。気持ちはお白洲の上に正座して「ははぁ!私めなぞにこのようなものを頂いてしまい、恐縮至極でございまする!!!」くらいだったのに。35歳ってなんだろう……。


そんな淡路島。
地理が壊滅的な文系のあたい。淡路島は大阪府だと思ってたけど兵庫県なんだって!そのことに驚いたことを妻に話したとき、ゴミを見るような目で見られたのでお義父さん、お義母さんには黙ってた。
そのくらいなので特産とかも知らなかったんだけど、玉ねぎが有名らしい。てか運転してると至るところで玉ねぎを作ってる光景を見る。冗談じゃなく100メートル間隔くらいで玉ねぎが大量に干してある。その上、道の駅でも3キロ1000円とかで売ってる。3キロって。
極めつけはお昼。玉ねぎカレーに玉ねぎサラダが付き、サラダには玉ねぎドレッシングがかかっていた。汁物は玉ねぎのコンソメスープ。これを「さぁ!玉ねぎですよー!特産ですよー!」みたいにテンションを上げるわけではなく、普通にしれっと出してくる。
何だか玉ねぎに対して、静かな狂気を感じる。わけもなく「ちょ、ちょっと待って」って言いたくなる。
淡路島、狂ってるわーって思ったけど、何かに似ている。そう、あれだわ。僕の地元、千葉におけるピーナッツと同じだわ。至るところでピーナッツを売ってるあの風景が玉ねぎに置き換わっただけ。てか、ピーナッツってそんなに食べないことを考えると、玉ねぎの方がましか。ピーナッツだらけの風景に違和感を感じてなかったけど、こうやって自分も狂ってることにふと気がつくとゾッとする。ピーナッツ……。


そんな淡路島旅行では、タコを食べたり、地元の有名な商店街を歩いたり、きれいな海岸を散歩したり、うずしおを見たりした。食べるものは美味しく、うずしおをは迫力が凄かった。世界最大規模らしいので、行くことがあれば見ておくことをおすすめする。


f:id:nohitakun:20180719234123j:image


そんな旅行で印象的だったのがお風呂。ホテルに温泉がついていたので、みんなで入ることにした。
お義父さんも僕も当然、男湯に入る。温泉と言えば裸の付き合い。元気な女性陣がいない、無防備な我々は何をどうすれば良いのか?
「お背中でも流しましょうか?」とか言ったほうが良いのかな……?もしくは女性もいないことだしシモネタか?「お義父さん、最近アッチの方はどうですか?」や、でも、お義父さん、シモネタとか嫌いそうだしな。とか、モンモンとしているうちにお義父さんは洗い場からお風呂に移っていった。いそいそと着いていく、ムスコをぶら下げた義理の息子。
そのお風呂には何故かタヌキのオブジェがあった。リアルなタヌキではなく、可愛くデフォルメされたタヌキ。お義父さんはそのタヌキに寄りかかって寛いでいた。
……それを見てこんなことを言うの、大変失礼かと思うのですが、そのタヌキのオブジェとお義父さんがそっくりなの。生き別れた兄弟かな?と。妻もタヌキに似てるなぁと常々思ってたんだけど、お義父さん似だったか。タヌキが2匹……。狙ってるのか?笑っていいのか?
てかお義父さんも何もタヌキに寄りかからなくても良いのに。これは試されてる?言うのが正解か、言わないのが正解か。
そんなことを考えているうちにお義父さんはお風呂を上がってしまった。取り残された僕は何だかぼんやりしてしまい、その後もお風呂からなかなか上がることができなかった。
旅行から帰ってきた今でも言うべきだったのか、言わないべきだったのかを考える。どちらが正解だったのだろう。
 

そんなお義父さん、お義母さんと行く旅行。なんだかんだ楽しい旅行だった。てか、甘えまくって何もしなかった。飲んで食べて寝てるだけだった。これで良かったのか……と不安に思う。失敗は……たぶんしてなかったと思う。

寝れない

どうも、のひたです。
現在、午前4時。一時間くらい前に目が覚めてから暑くて第二陣の眠りにつけない。温度計を見ると30度。30度!?夜に出して良い気温じゃない。天候はそのあたりをもう少し真剣に考えてほしい。
やることないからゼリー食べて、漫画を読んだ。

 

 

ヒロインの相沢さんが可愛い。新巻4巻の「私さっきのデートだったらいいなと思ってる」でキュンと来た!キャーって読んでたスマホを窓から投げたくなった。いい意味で。少なくともソファには投げた。キャー!
ヤバイわぁ。キュンとしたわぁ。良いなぁ、ラブコメ漫画。思わず興奮して余計寝れなくなってきた。

 

てかさぁ。冬休みに毎日会うとか完全に付き合ってるじゃない(この漫画に出てくる東くんと相沢さんは付き合ってないのに毎日冬休みに会ってる!!)。

僕の高校時代は闇と共にあったから、友達がこんなことになってたら、たぶんそいつとは話さなかった。腹立つわぁ。
と、ときめいたりモヤついたりしてる現在4時半。セミが鳴き始めた。お腹も空いた。起きるか。

もうほぼずる休み

本日6/25(月)、天気予報では最高気温が33度に上がるとのことですっかり夏めいてきている。
そんな折、僕は夏風邪を引いて会社をお休みしました。本当にごめんなさい。
根っからの社畜根性なのか、平日に家でぼんやりしていると非常に罪悪感を感じる。風邪じゃなかったら、ビールでも飲んでこの不安な気持ちをごまかしたいのだけれど、いかんせん風邪をひいていて飲めない、よって不安になるという悪循環。
しかも悪いことに、朝方寝てたたらだいぶ良くなってきてしまった。昨日の夜は38度も超えて「お!こりゃ明日は休みだな」って思っていたのに、今現在37度3分……。頑張れば会社行けるじゃん。でも、休んじゃったじゃん。ずる休み感が半端ないじゃん。本当に申し訳ない。
てか、昨日ワールドカップの日本戦とかやってるから、「あいつ、ワールドカップ見て寝不足で会社来なかった」って思われてるよー。あーあーあー。違うよ!うなされてたわ!と会社に電話したい。


というわけでせめてもの罪滅ぼしにブログを更新してみている(ブログを更新している時点でそんなに体調悪くないよね?ってもう一人の僕がガンガンせめてくるけど)。
……でも、「平日」「梅雨の晴れ間」「お休み」って正直なところ最高ですね。麻雀だったら跳ねてる。
暑いけど家の中を吹き抜ける風が気持ちいいし、近所の老人ホームからはのどかな会話が聞こえる。裏の小学校からは子供たちの笑い声。暇になったら漫画読めばいいし、眠くなったら寝ればいいし、お腹が空いたらおかゆを食べればいい。やばい。この生活をずっと続けたい。


とか書いてたら眠くなってきた。体温は……計ってみたら、37度1分だった。もう完全にずる休みな奴だけど、いいや。寝ます。
てか、皆さん月曜から仕事~、たいへ~ん。

皆さんにとって本当にどうでもいい情報かと思うけど、最近爪が伸びるのが早くなった。
学生時代は2週間に一回くらいの頻度で切っていたのが、今は1週間に一回になった。なんなら一昨日切ったのに、もう若干長い。
人生における3大無駄な時間に数えられる「爪切り」。回数が増えるってことは、それだけ人生を毀損している由々しき事態。
変な病気かしら?と調べてみると「健康な証拠」みたいに出てくるけど、面倒なことには変わらない。てか、健康も別に実感できない。何なら毎朝胃が痛い。


どうせなら、もっと格好良く伸びればいいのにと思う。そう、戦闘モードになったらジャキンと爪を伸ばしたい。


普段は普通の長さなんだけど、「はぁぁぁぁ………!伸びろ!おれのブラッディクロー!!」とか言って伸ばしたい。
もしくは手を胸の前でクロスさせるとジャキンって伸びたりするの。格好いい。
誰かがピンチのときに「チッ」とか言いながら、手をクロスさせて爪を伸ばしたい。てか、窮地に向かうから走りながら伸ばしても良い。で、間一髪のところで誰かを助けたい。格好いい。


もしくは制御できないパターンもいい。
ぼくがピンチになると伸びちゃう。「ぐっ……。爪が伸びる……。お前たち!ここから離れろ!俺が俺じゃなくなる前に!!」とか叫びたい。で、実際に爪が伸びたら理性が飛んじゃって、敵味方関係なく襲いかかりたい。「ギャー」とか言葉にならない声を上げながら。


とか、こんなことを考えながら帰る帰路。
何が言いたいかって言うと、今週はマジで疲れましたよ。よく乗り切れたなぁと。
金曜に 思い煩う 明々後日(しあさって)
思わず一句詠んでしまう。

ラジオを買ったのでオススメのラジオ番組を紹介する

ラジオを買った。

 

パナソニック ラジオ FM/AM/ワンセグTV音声 ブラック RF-U100TV-K
 

 


Amazonで見たときはなかなかスタイリッシュかなと思ってたんだけど、うちに届いてみたらけっこうゴツい。あれだわ。爺ちゃん婆ちゃんが農作業するときに外で使ってたラジオに似てるわ。まぁその質実剛健な面構も好ましい。テンション上がる。


ラジオが好きだ。
テレビが我が家に導入されるまではラジオが我が家のメディアを独占していた。
ラジオってなんか寂しさを和らげてくれる感じしないだろうか?しません?
たぶん、基本的に生放送であることに起因すると思うのだけれど、今まさに誰かが何かしてるって分かることで「僕は一人じゃない」感を味わえるのだと自己分析している。同じような理由で電車の音とかも好きだ。誰か乗ってるはずだから。
そう、私は寂しがりやな一人っ子。


そんな感情レベルでラジオが好きな僕がおすすめの番組を紹介しようと思う。これであなたも寂しくないゾ!

 

日曜17時〜18時 J-Wave サウージ サウダージ
SAUDE! SAUDADE... : J-WAVE 81.3 FM RADIO

番組の紹介を引用すると


「健康」「乾杯」を表す「サウージ」。「懐かしさ」「郷愁」「人恋しさ」を表す言葉「サウダージ」。この2つのポルトガル語をキーワードとして、ブラジルをはじめ、フランスなどのヨーロッパ、そしてラテアメリカをめぐる音楽の旅にご案内します。J-Wave開局当時から続く定番プログラムです。


とのこと。どうだろう?日曜の夕方に聞くのに最適ではないだろうか?実際に番組も落ち着いたトーンで、夕暮れどきに合う、楽しくも物悲しい音楽をかけてくれる。
てか、J-Wave開局からやってるんだ!まじか!?

 


日曜20時〜21時 J-Wave Travelling Without Moving

antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING : J-WAVE 81.3 FM RADIO

また番組の紹介を引用すると


『Travelling Without Moving』=「動かない旅」をキーワードに、
旅の話と、旅の記憶からあふれだす音楽をお届けします。
ナヴィゲーターは世界約50ヶ国を旅した野村訓市。


とのこと。
この番組は一回聞いてもらえばわかると思うんだけど、パーソナリティの野村さんのテンションが低い!トーンが常に一定!
「この人、感情とかあるのかしら」って思うレベルなんだけど、聞き続けてると心地よくなってくる。海外の面白い話をポソポソと喋って、全然押し付けてくる感じがない。「……この前、海外のフェスに行って……友人たちと……馬鹿騒ぎしてきました。……ビール、飲みすぎましたね」とか、全然馬鹿騒ぎしてる感じが伝わってこない!
あとかかる音楽がカッコいいのばかり。

 


平日24時〜25時 TokyoFM Jet Stream

JET STREAM- TOKYO FM 80.0MHz - 大沢たかお

言わずとしれた超有名番組。海外の色々な旅情報を静かに教えてくれる。
いまの大沢たかおさんも良いけど、先代の伊武雅刀さんも落ち着いていて好きだった。

 

 


こうやってまとめてみると、自分でも気づかなかったんだけど「海外」を扱った「静か」な番組が好きみたい!

へー!自分再発見。これらの番組、本当にいいから是非とも聞いてほしい。


あと、祝日とかにやる朝9時から夕方5時くらいまでぶっ通しでやる、無茶な特番も好き。祝日をお祝いしてる感じがして。
この番組を聞きながら、放送中ずーっと散歩するのが好きだったなぁって思い出した。

日曜に見る映画

この前、飲み会で「日曜に映画は何を見るか?」という話をした。そろそろ帰るかーってタイミングでこの話をし始めて、1時間くらい帰りが延びたからなかなか盛り上がったトピックスだったと思う。


日曜に見るべき映画。
なかなか難しいチョイスだと思う。
翌日(月曜)のことを考えると、重たい映画は避けたい。頭使う映画もノーサンキュー。なんならカラッと爽やかで後味が良いものが良い。
と、僕なら思うけど人によっては、明日が月曜だからこそ馬鹿騒ぎする気分じゃない、重たい映画が見たいっていう人もいると思う。
選ぶ映画でその人のなんとなくの性格と、いまの気分がわかる良い質問なんじゃないかなぁと自画自賛している。


てか、合コンとか出会系アプリで初めて会った人との会話に最適だったんじゃないかしら。
「あぁ魔女宅ね!たしかに日曜に見たくなるよね!」
とか適当に褒めておけばモテてたのではないだろうか……。悲しい青春を送らなくても良かったのではないか……。僕はいつだって気づくのが遅すぎるんだ……。
ちなみにいま僕が日曜に見たい映画は『フル・モンティ』。
町おこしのために男たちがストリッパーになる映画。ぼんやり進む映画は日曜にあっている気がする。それと「フル・モンティは全部脱ぐって意味だよ」と前にいる女の子に話して、「やだー」とか言わせて恥ずかしがってるところをニヤニヤ見たい。


この話を飲み会でしてるときに、一人『ショーシャンクの空に』を見たことがない友人がいた。まじか!と思い、帰って妻に話したら妻も見たことがなかった。まじか!!
この二人はこれから『ショーシャンク』を初見で見られると思うと羨ましいと思い、「マジ最高だから見たほうが良いよ!」と熱く語るも二人とも響かない。もどかしい。

今度映画館を貸し切るイベントをやってこの二人には強制的にショーシャンクを見せたいと思う。押し付けと言われても見終わったあとは僕に感謝し、これまで見てこなかった自分の愚かしさに嘆くことになるだろう。ふふふふ。