5年更新

先週、免許の更新に行ってきた。
本当は気が進まなかったのだけれど、妻が行け行けとせかすので渋々行くことにした(妻は過去、更新を忘れ再発行するのに三万くらい払ったらしい。っていうか、免許の更新忘れる人なんているのか?と思っていたら、いとこの旦那さんも忘れていた。妻はその話を聞き「ほらぁ!いるやろ!忘れるんやって!だから免許の更新、免許の更新、メンキョノコウシン」とより騒ぐようになった)。
何が嫌いって、あの写真撮影が嫌い。次の更新まで僕の公式の顔はこれになると思うと、それ相応の覚悟が求められる。毎日鏡を見て「僕もまぁまぁイケているのではないか?」思い違いする日があったとしても「いや、お前の本当の顔はこっちだから」と財布の中の犯罪者みたいな顔した写真が突っ込みを入れる。なんで免許の写真にはデコがないのか?目デカ補正とかあればいいのに。あぁ別人になりたい。


でも、そんな理由を妻に話しても「はぁ?」と言われるだけなので、おとなしく免許センターに行くことにした。
せめてもの抵抗で床屋に行ってたりしたら、免許センターが閉まる時間ギリギリになってしまい、職員さん全員が僕のことを追い立てる。「はい、最後の人。急いで申込用紙を書いて」「書いたら、次はあそこの受付に行って」「最後の人ーこっちですよ!」「ギリギリ間に合ってよかったですね、最後の人」
この時、僕のアイデンティティは完全に「最後の人」でしかなかった。
職員さん全員がかたずをのんで、僕の動向を見守っているため、トイレに行って鏡チェックとかもできない。あぁ外が強風だったから髪を直したかったんだけど……。
そのまま、あれよあれよと写真撮影。ハイチーズ。あぁお兄さん、ひどい顔だわ。もう一枚、撮りますね。ハイチーズ。あんま変わんねぇな。はいオーケー。講習受けてきてください。最後の人ー講習会場はこちらですよー。
忙しい!てか、撮影の人、僕の顔のことひどい顔って言わなかったか?


で、出来上がった写真がこれ……。と、ネット上に自分の顔をさらすほどの度胸がないので自粛するけれど、いやー老けたわ。
久しぶりに会う人から「あれ?のひ太、やせた?」ってよく言われるんだけど、違うんです。老けたんです。5年前の写真と比べると一目瞭然。顔が小さくなってる。そして頬がこけてる。あぁまじか……。妻に見せると「髪も短くなって、マッチ棒みたいだね」とのこと。マッチ棒……。


この一週間たっぷりへこんで、少し回復してきたから顔の美容体操について調べているのが今。目指せ20代の顔づくり!!美魔女!!

いい方法があったら教えてほしいです。よろしくお願いいたします。

知らなかった世界

昨日、妻に誘われてライブに行ってきた。
妻が昔からファンのバンドで10年ぶりに復活したためのライブ、とのことだった。
ちなみに何のバンドかはもう言えない。なぜなら昨日のライブは3万人収納した挙げ句、それでもチケットを取れなかった人が音漏れを目的に1万人くらい集まる規模で、僕みたいに「誘われて」とか「とのことだった」みたいなスタンスのやつはボコボコにされるはずたからだ。
(いやでも、ライブに行くことが決まってからは毎日バンドの曲を聞いてたし、分からない曲がないくらいにはしたし……ブツブツ)


で、そのライブが凄かった。僕が知ってるどのライブとも違った。完全に知らない世界だった。
まず、ボーカルの人が「行くぞー!」とか言うと「うぉぉぉぉ!!」と怒号のようなレスポンス。会場で電車でも走ってるのかなって音。
一方、僕がよく行くceroのライブではそもそも「行くぞー!」とか言わない。「まぁ緩く楽しんでって下さい」とか言って、うちらも「わぁ」くらいなレスポンス。かわいい。昨日のライブが軍隊だとすると、何という家庭的なレスポンス。


で、曲が始まるとみんな手を上げる。しかも最初から終わりまでちゃんと。これまたceroと比べて恐縮だけど、僕らはたぶんそんなに手を上げてない。最初の方だけちょっと上げて、あとは基本的に腕組みしながら見ている。
昔、ceroのライブに妻を連れて行ったとき「なんでみんな手とか上げないで、仏頂面で見てるの?楽しくないの?」と聞かれたことがあって、「楽しいわ!ボケ!」って思ったけど、そんなことは言えないので、100倍くらい薄めて回答したことがあった。
なるほど、これを知ってたらそう思うかもしれない。


極めつけはモッシュ
僕の知ってるモッシュは最前列の人たちだけが押し合いへし合いするイメージだったんだのが、昨日は違った。
僕らの席は4階でスタンディングスペースをよく見渡せるところだった。ライブが盛り上がってくると、そのスペースの一部で人がいない箇所ができていることに気づく。それは円になり、直径10〜20メートルの大きさにだんだん広がっていく。その円を取り囲むように観客達が腕を組んで走っている。何言ってるか分からないと思うけど、でっかいカゴメカゴメみたいな奴。それが何個もできていて曲が最高に盛り上がったところで、真ん中に一気に人が戻っていく。っていう現象を何度も見た。
すごい。もうこれに至っては何でそんなことをするのか意味がわからない。危なくない?昨日、会場で2、3人の人が亡くなったって聞いても、そうかもな……って普通に受け入れられる。
これって普通なの?昨日のバンドが特殊なの?


てか、10年ぶりの復活でこの集客力。これが本当のスターなのかもしれないなって思った。
僕がよく見るヒップホップのPVではラッパーの人が金のチェーンを着け、周りに美女を侍らせて「おれはヒップホップの成功者。乗りこなすぜ高級車。フォアグラ食べ過ぎ糖尿だ(Lyric by のひた)」みたいなラップをしてるんだけど、本当の成功者は違った。
ライブの途中で「お前ら……静かにしてくれ……。外で音漏れを聞いてる奴ら……。ありがとうな」とか言ってた。感動的だ。僕の好きなラッパーの人は反省してほしい。


そんな熱いライブ。
ちなみに、僕の隣の席にプロレスラーみたいな男の人がいて「怖いな」って思ってたんだけど、始まると「ヤバイよヤバイよ」って泣いていた。たしかに10年ぶりに大好きだったものが帰ってきたらそうなるのかもしれない。周りの人、みんなそんな感じで、3万人くらいの人の感情が爆発していた。感情って集まると圧力あるってことを、初めて知った。たぶんちょっとした電気くらいならつけれたと思う。
そんな一瞬に素人ながら立ち会わせてもらったことは本当にありがたいことだし、かつ参加できなかった人たちに申し訳ない。
彼らのためにもバンドの人たちにはもっとライブをしてほしいなと思う。

38階で夕飯食べてきた

暑い。
頭おかしいんじゃないか?って気温が続いていて、思考力とか気力とか人間らしさをごっそり奪い去っていく。そんな7月末に結婚記念日を迎えた。1年が早い。体感的には半年くらい前なんだけど、1年経ってるらしい。
まぁ1年目だし、ちょっと豪勢にいくか!と気合を入れて夜景の見れるレストランに行ってきた。
夜景の見れるレストラン。
思わず2回言ってしまったけど、当然ながら人生初だ。
平日は帰りが遅いから基本的に外食なんだけど、日高屋松屋日高屋松屋のローテーションの僕としては大奮発だ。計算してみたら一ヶ月の平日の食費より今回一回で飛んでったお金の方が大きい。今更ながら、電車の中でマジか!と呟いてしまった。
この記憶が消えないうちに日記にしておこうと思う。


行ってきたのはマンダリンオリエンタルホテル、38階のレストラン。うちの会社の本社でさえ38階も無い。ご飯食べるだけなのに38階。下から見上げるビルはイメージの上では雲がかかり、霞んで見えない。
ちなみにこの日のために服を買った。一昨日、先輩の結婚披露パーティーに行ったのだけれど、その服を着ていっている。ついでに当日は髪も切っている。床屋さんには「失礼のない髪にしてほしい」と頼んだ。


そんな感じなので、当然予約時間の30分前にはホテルについた。この空いた時間で我々はトイレに行く。だって外にいると落ち着かないから。待合室、こんな感じだし。


f:id:nohitakun:20180806201621j:image

で、ドアを開けて出てきたのがこれ。


f:id:nohitakun:20180806201638j:image

もうね、レストランに入る前に景色を見てしまうという失態。でも、このトイレはやり過ぎなんじゃないかとも思う。過剰。全然落ち着かない。小さい用もビビって出てこない。
これで用をたさないと(出すもの出しておかないと)38階で下半身を露出しただけになるとか思うと余計に出ない。目をつぶりここは会社だって思い込むことでようやく用をたせた。
とりあえず妻にこのことを報告しようとしたら、妻もトイレの写真を撮っていた。や、これは撮るよね。


そうこうするうちに、予約の時間になるので受付を済ませ席につく。
すると景色がドン!


f:id:nohitakun:20180806201704j:image

光化学スモッグで煙った光景は海に水没した街のよう。まわりにお客さんがいないこともあって自分たちだけ取り残されたような終末感がある。でも心地よい空調のせいか悲壮感がない。地球最後の日にバカンスする、みたいな感じ。ごめんなさい、あたい上手く言えないや。


少し待つとお店の人がメニューを持ってきてくれる。
生ビール、1500円。僕が大学生のときにバイトしてたサンクスだと2時間働かないと飲めない。たぶんこのビールでタガが外れたと思う。ビールを頼み飲んだ瞬間に「一線超えたな……」って思った。「ぼくはもう戻れないかもしれない……」と。


このあと魚に合わせて白ワインを、肉に合わせて赤ワインをあろうことか2杯飲んでしまった。食事に合わせてワインを変えるとか、しゃらくさい大人になってしまったよ。お母さん。ちなみにお値段は……言わない。てか言えない。

 

そんなワインをあわせた料理がこちら。


f:id:nohitakun:20180806202038j:image

語彙が貧弱で申し訳ないんだけど、ヤヴァい。食べると脳内で「……美味い!!」って書かれたネオンがチカチカ光る。何って言うの?幸福を感じるホルモンみたいなのが梨汁的にブシャーって出る。これはもう一生食べれないかもしれないとすごいゆっくり食べた。たぶん妻より食べるのが遅かったと思う。シェフを呼ぶ人の気持ちが分かった。


帰りがけにスタッフの方に「こういったお店、初めてなんですが素晴らしいですね。夢のようでした」って絡みにくい言ったら「我々は非日常を提供してますので、また夢を見たくなりましたら是非お越しください」って言われた。かっこいいわー。仕事であります?「非日常を提供してます」とか言うこと。ディズニーくらいしかないと思ったらこんなとこにもあるのですね。
また夢見たいけど何年後になるかしら……。

お義父さんお義母さんと行く淡路島旅行

先週、妻と妻のお義父さん、お義母さんと淡路島に行ってきた。
義父母とのはじめての旅行。学生時代の中間テストくらいの緊張感、別に大したことではないけど、ここで失敗すると後々に響くぞ、というイベント。
特に僕は前回、妻の実家に帰省した際、お義父さんが運転する車に酔ってドライブ中に吐いた実績がある。「す、す、すいません!」と車を止めてもらって、道でゲー。あとは車の中でずっと寝てた。僕がお義父さんお義母さんなら「こいつに娘を預けて大丈夫か?」と不安になる。今回は失敗できない。


そんな旅だったけどお義父さん、お義母さんは優しく出迎えてくれた。「これ、のひ太くんに似合うと思って」と服までプレゼントしてもらった。マジか。優しさになれてないから「えへへ、どうも」みたいな社会人として、どうかというお礼しかできなかった。気持ちはお白洲の上に正座して「ははぁ!私めなぞにこのようなものを頂いてしまい、恐縮至極でございまする!!!」くらいだったのに。35歳ってなんだろう……。


そんな淡路島。
地理が壊滅的な文系のあたい。淡路島は大阪府だと思ってたけど兵庫県なんだって!そのことに驚いたことを妻に話したとき、ゴミを見るような目で見られたのでお義父さん、お義母さんには黙ってた。
そのくらいなので特産とかも知らなかったんだけど、玉ねぎが有名らしい。てか運転してると至るところで玉ねぎを作ってる光景を見る。冗談じゃなく100メートル間隔くらいで玉ねぎが大量に干してある。その上、道の駅でも3キロ1000円とかで売ってる。3キロって。
極めつけはお昼。玉ねぎカレーに玉ねぎサラダが付き、サラダには玉ねぎドレッシングがかかっていた。汁物は玉ねぎのコンソメスープ。これを「さぁ!玉ねぎですよー!特産ですよー!」みたいにテンションを上げるわけではなく、普通にしれっと出してくる。
何だか玉ねぎに対して、静かな狂気を感じる。わけもなく「ちょ、ちょっと待って」って言いたくなる。
淡路島、狂ってるわーって思ったけど、何かに似ている。そう、あれだわ。僕の地元、千葉におけるピーナッツと同じだわ。至るところでピーナッツを売ってるあの風景が玉ねぎに置き換わっただけ。てか、ピーナッツってそんなに食べないことを考えると、玉ねぎの方がましか。ピーナッツだらけの風景に違和感を感じてなかったけど、こうやって自分も狂ってることにふと気がつくとゾッとする。ピーナッツ……。


そんな淡路島旅行では、タコを食べたり、地元の有名な商店街を歩いたり、きれいな海岸を散歩したり、うずしおを見たりした。食べるものは美味しく、うずしおをは迫力が凄かった。世界最大規模らしいので、行くことがあれば見ておくことをおすすめする。


f:id:nohitakun:20180719234123j:image


そんな旅行で印象的だったのがお風呂。ホテルに温泉がついていたので、みんなで入ることにした。
お義父さんも僕も当然、男湯に入る。温泉と言えば裸の付き合い。元気な女性陣がいない、無防備な我々は何をどうすれば良いのか?
「お背中でも流しましょうか?」とか言ったほうが良いのかな……?もしくは女性もいないことだしシモネタか?「お義父さん、最近アッチの方はどうですか?」や、でも、お義父さん、シモネタとか嫌いそうだしな。とか、モンモンとしているうちにお義父さんは洗い場からお風呂に移っていった。いそいそと着いていく、ムスコをぶら下げた義理の息子。
そのお風呂には何故かタヌキのオブジェがあった。リアルなタヌキではなく、可愛くデフォルメされたタヌキ。お義父さんはそのタヌキに寄りかかって寛いでいた。
……それを見てこんなことを言うの、大変失礼かと思うのですが、そのタヌキのオブジェとお義父さんがそっくりなの。生き別れた兄弟かな?と。妻もタヌキに似てるなぁと常々思ってたんだけど、お義父さん似だったか。タヌキが2匹……。狙ってるのか?笑っていいのか?
てかお義父さんも何もタヌキに寄りかからなくても良いのに。これは試されてる?言うのが正解か、言わないのが正解か。
そんなことを考えているうちにお義父さんはお風呂を上がってしまった。取り残された僕は何だかぼんやりしてしまい、その後もお風呂からなかなか上がることができなかった。
旅行から帰ってきた今でも言うべきだったのか、言わないべきだったのかを考える。どちらが正解だったのだろう。
 

そんなお義父さん、お義母さんと行く旅行。なんだかんだ楽しい旅行だった。てか、甘えまくって何もしなかった。飲んで食べて寝てるだけだった。これで良かったのか……と不安に思う。失敗は……たぶんしてなかったと思う。

寝れない

どうも、のひたです。
現在、午前4時。一時間くらい前に目が覚めてから暑くて第二陣の眠りにつけない。温度計を見ると30度。30度!?夜に出して良い気温じゃない。天候はそのあたりをもう少し真剣に考えてほしい。
やることないからゼリー食べて、漫画を読んだ。

 

 

ヒロインの相沢さんが可愛い。新巻4巻の「私さっきのデートだったらいいなと思ってる」でキュンと来た!キャーって読んでたスマホを窓から投げたくなった。いい意味で。少なくともソファには投げた。キャー!
ヤバイわぁ。キュンとしたわぁ。良いなぁ、ラブコメ漫画。思わず興奮して余計寝れなくなってきた。

 

てかさぁ。冬休みに毎日会うとか完全に付き合ってるじゃない(この漫画に出てくる東くんと相沢さんは付き合ってないのに毎日冬休みに会ってる!!)。

僕の高校時代は闇と共にあったから、友達がこんなことになってたら、たぶんそいつとは話さなかった。腹立つわぁ。
と、ときめいたりモヤついたりしてる現在4時半。セミが鳴き始めた。お腹も空いた。起きるか。

もうほぼずる休み

本日6/25(月)、天気予報では最高気温が33度に上がるとのことですっかり夏めいてきている。
そんな折、僕は夏風邪を引いて会社をお休みしました。本当にごめんなさい。
根っからの社畜根性なのか、平日に家でぼんやりしていると非常に罪悪感を感じる。風邪じゃなかったら、ビールでも飲んでこの不安な気持ちをごまかしたいのだけれど、いかんせん風邪をひいていて飲めない、よって不安になるという悪循環。
しかも悪いことに、朝方寝てたたらだいぶ良くなってきてしまった。昨日の夜は38度も超えて「お!こりゃ明日は休みだな」って思っていたのに、今現在37度3分……。頑張れば会社行けるじゃん。でも、休んじゃったじゃん。ずる休み感が半端ないじゃん。本当に申し訳ない。
てか、昨日ワールドカップの日本戦とかやってるから、「あいつ、ワールドカップ見て寝不足で会社来なかった」って思われてるよー。あーあーあー。違うよ!うなされてたわ!と会社に電話したい。


というわけでせめてもの罪滅ぼしにブログを更新してみている(ブログを更新している時点でそんなに体調悪くないよね?ってもう一人の僕がガンガンせめてくるけど)。
……でも、「平日」「梅雨の晴れ間」「お休み」って正直なところ最高ですね。麻雀だったら跳ねてる。
暑いけど家の中を吹き抜ける風が気持ちいいし、近所の老人ホームからはのどかな会話が聞こえる。裏の小学校からは子供たちの笑い声。暇になったら漫画読めばいいし、眠くなったら寝ればいいし、お腹が空いたらおかゆを食べればいい。やばい。この生活をずっと続けたい。


とか書いてたら眠くなってきた。体温は……計ってみたら、37度1分だった。もう完全にずる休みな奴だけど、いいや。寝ます。
てか、皆さん月曜から仕事~、たいへ~ん。

皆さんにとって本当にどうでもいい情報かと思うけど、最近爪が伸びるのが早くなった。
学生時代は2週間に一回くらいの頻度で切っていたのが、今は1週間に一回になった。なんなら一昨日切ったのに、もう若干長い。
人生における3大無駄な時間に数えられる「爪切り」。回数が増えるってことは、それだけ人生を毀損している由々しき事態。
変な病気かしら?と調べてみると「健康な証拠」みたいに出てくるけど、面倒なことには変わらない。てか、健康も別に実感できない。何なら毎朝胃が痛い。


どうせなら、もっと格好良く伸びればいいのにと思う。そう、戦闘モードになったらジャキンと爪を伸ばしたい。


普段は普通の長さなんだけど、「はぁぁぁぁ………!伸びろ!おれのブラッディクロー!!」とか言って伸ばしたい。
もしくは手を胸の前でクロスさせるとジャキンって伸びたりするの。格好いい。
誰かがピンチのときに「チッ」とか言いながら、手をクロスさせて爪を伸ばしたい。てか、窮地に向かうから走りながら伸ばしても良い。で、間一髪のところで誰かを助けたい。格好いい。


もしくは制御できないパターンもいい。
ぼくがピンチになると伸びちゃう。「ぐっ……。爪が伸びる……。お前たち!ここから離れろ!俺が俺じゃなくなる前に!!」とか叫びたい。で、実際に爪が伸びたら理性が飛んじゃって、敵味方関係なく襲いかかりたい。「ギャー」とか言葉にならない声を上げながら。


とか、こんなことを考えながら帰る帰路。
何が言いたいかって言うと、今週はマジで疲れましたよ。よく乗り切れたなぁと。
金曜に 思い煩う 明々後日(しあさって)
思わず一句詠んでしまう。